金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の価格高騰に伴い、友人が金

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。

中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。

すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。

専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。

貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかは普段意識することがないでしょう。

プラチナの方が原則的には高価です。

一時期は金の3倍ほどしたのです。

理由としては、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさを無視できないでしょう。

これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、あまりの希少性の高さが、その価値を担保しているのです。

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、刻印を確認してみましょう。

ニセモノの金でなければ、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。

このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。

「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントという印です。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

金の買取を利用する際には、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。

店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式も必ず身分証の提示が必要です。

買取手続を進める前に、免許証や保険証などを提示する必要があります。

商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、そういった身分証の写しを一緒に送ることで必要な手続きに変えるというのが普通です。

指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、自宅のタンスの奥などに仕舞い込んではあっても、年齢に似合わなくなってしまったりして処分を検討している人もいるでしょう。

家にそういうものがあれば、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。

しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。

メッキ加工の偽物の場合もあります。

買取に行ってそういうことになったら、泣き寝入りするしかないですね。