金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。

本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

少し前の話ですが、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。

それまでそういうお店とは縁がなかったため、どこに売ったものか迷い、試しにネットで検索してみたのです。

そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。

様々な金買取店が並んでいるところがあったため、その内の一店舗を利用することにしました。

店員さんの対応も丁寧だったし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。

昔は使っていたけど今は不要だという貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。

でも、それぞれのお店で売却金額は変わりますから、ネットで事前に情報を調べて好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。

特に、売りたいものが多い場合、店の違いによって金額も大違いになりますから、事前の情報収集は欠かせません。

リーマンショック以降、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、流行に乗るようにして、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。

フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。

確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、良い方向への変化が期待できると思います。

店員の接客の質までも上がる可能性があります。

利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。

金の買取を利用する際には、果たして満足できる金額になるのか、誰しも気にされるところですよね。

でも、買取額は一概には言えません。

国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。

こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で買取に出したいのであれば、新聞やテレビ、インターネットなどの情報にアンテナを張り、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことが重要だといえます。