金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

アクセサリーなどの金製品を手放した

アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。

WEB上で簡単に申し込みできます。

まず、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。

その後、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。

しばらくして、買取価格がメールなどで知らされるので、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、買取代金が振り込まれます。

これならどこに居ても利用できますね。

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。

専門に金買取を扱う業者などだと、取引の量が個人とは違いますから、利益分を届け出て課税されているはずです。

その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。

もっとも、税法が改正されることも有り得るので、どうにも不安な方は、事前に調べておくことで不安を払拭しておきましょう。

少し前の話ですが、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。

それまでそういうお店とは縁がなかったため、どこに売ったものか迷い、試しにネットで検索してみたのです。

そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。

老舗の金買取店が集まる一帯があって、その内の一店舗を利用することにしました。

じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。

銀や銅など他の金属との合金であるものは、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

18Kは1000分の750という純度です。

金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと色々な種類があるのです。

金を売りたいなら、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。

アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。

それなりの額、例えば200万円になるような18金の重さというのは、550から600グラムくらいでしょう。

ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。

10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。