金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。買取

金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。

買取業者が自宅を訪問し、自宅にある金製品の売却を迫り、相場以下の値段で買取を行う、いわゆる「訪問購入」による被害がここ数年で急増しています。

まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、売却を渋る場合には、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。

当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。

被害に遭わないよう十分注意してください。

店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、強引に金製品の売却を迫る訪問購入というケースがあり、問題視されています。

お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、被害を訴えるケースが最近増えています。

こうした訪問購入のケースに対しては、訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できるのを頭に入れておくことをお勧めします。

初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、売りたい金製品はいくらの値段で売却できるかを事前に知っておくことでしょう。

品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。

こうした基本的な計算法を活用し、適正価格での買取が行われているのかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高騰していると聞いたので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、確定申告が必要なケースが出てきます。

売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。

金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、実質的には税金は課されないということです。

一口に投資といっても対象は色々あります。

最たるものが金でしょう。

金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。

国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。

世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。

しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、実際に買取に持ち込むなら、事前にネットなどで金相場を把握した上で決断するのが得策でしょう。