金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取がブームですね。古いネックレスが買取

金買取がブームですね。

古いネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を見てみるのがいいと思います。

一般に流通している金製品には、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。

ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。

その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、鑑定・査定をしてもらうというもので、査定結果をメールなどで確認したら、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。

普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これなら時間や地域の制約を受けることもなく、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人には嬉しいですね。

リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は色々な店舗で貴金属の買取サービスをするケースが増えています。

リサイクルショップなどはその好例でしょう。

こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるケースが増えてきています。

鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。

自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、専門店と並んで有力な候補になります。

手元の金製品を処分したいといっても、気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。

その時は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。

利用を申請すると、商品を入れる容器が自宅に届くので、査定してほしい品物を入れて送り返します。

しばらくして、査定の金額と確認の連絡が来て、自分がその金額を承諾すれば、直ちに買取金額が口座に入金されます。

数万円程度の買取額を得た程度なら、金を専門店に売却しても税金はかかりません。

買取店であれば、動いているお金が個人とは段違いですので、所得額の申告を行い、何重もの税金を支払っていることでしょう。

ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、お店の人に確認してみることで不安を払拭しておきましょう。