金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、純度によって額は下がります。

例えば18金なら、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金の重さというのは、大体570グラムといったところでしょうか。

10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

金やプラチナ製のアクセサリーは、家にずっと眠ってはいるけど、ずっと使い続けるのが嫌でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。

家にそういうものがあれば、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。

でも、ここで落とし穴があります。

金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。

買取に行ってそういうことになったら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。

金の買取を利用する際には、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。

従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、郵送買取など、直接店に行かないケースでも同様です。

最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を提示する必要があります。

郵送した商品を査定してもらう場合は、そういった身分証の写しを一緒に送ることで確認に変えるのが一般的です。

店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、強引に金製品の売却を迫るという迷惑な事例があります。

これは訪問購入と呼ばれます。

買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。

しかし、安心してください。

訪問購入については訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないと覚えておいてください。

悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。

最近問題になっている事件についてお伝えします。

自宅に業者がやってきて、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、いわゆる「訪問購入」による被害が最近増えているようです。

この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、売却を渋る場合には、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。

こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。