金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金とプラチナはどちらが値段が高いのか

金とプラチナはどちらが値段が高いのかは知っていますか?一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。

昔は特にそうでした。

要因としては、元々の埋蔵量の少なさが挙げられます。

ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。

金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、その価値を担保しているのです。

金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーをそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。

「でも実際使わないし。

」そんなあなたには、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。

中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。

純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取となればそれより若干安くはなるものの、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額で換金することができますね。

そこのお店で売却すればいい値段になるという宣伝を信じて買取を利用してみたら、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で言いくるめるように買取を進められてしまったといった話はネットを見ていても散見されます。

誠実なお店ならよいのですが、一部では残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、よくよく調べてから利用するといいでしょう。

黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。

リーマンショック以降、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、市場の拡大に合わせて、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。

沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。

接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。

利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。

最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は古物営業法青少年健全育成条例に基づき、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。

加えて、未成年と取引するのは危険なので、店が独自に制限を課している場合があり、20歳未満は単独では利用できないのが一般的でしょう。

たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、保護者が署名捺印した同意書が必要な場合がほとんどでしょう。