金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサ

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたという何とも残念なケースがままあると聞きます。

見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。

プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドです。

ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、勿論、金買取の対象になります。

金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。

自分のことかなと思ったあなたには、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。

一例として金の買取の場合を考えてみます。

24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。

買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、多くの人が想像しているよりは十分高い額の臨時収入が期待できます。

買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、実際幾らくらいの金額で買い取ってくれるのか見込額を知ることだと思います。

基本的な算出方法を以下に示します。

金の国際価格はその都度変動しています。

その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、ドル円レートを掛ける。

これによって日本国内の金価格が計算できます。

よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、候補に挙がってくるのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。

そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が少なくないと思われます。

そんな人もご安心下さい。

デパートで買取を実施する場合があるのです。

デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。

やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。

リーマンショックギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。

今は1グラム5000円ほどです。

これはあくまで純金の価格ですから、アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上となると、その重さは600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。