金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の相場が上がっている近頃は、「ご自宅

金の相場が上がっている近頃は、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といったテレビCMをよくやっている印象です。

街頭だけではなく、ネットにおいても、ためしにgoogleなどで検索してみても、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。

いくらかでも現金になるのなら、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、金の価格は相場によって変わります。

それに伴って買取価格も変わるので、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。

リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、実に多くのお店が金の買取をしていますから、調べて利用してみるのもいいと思います。

金は相場変動によって買取額が変わってくるため、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。

また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、考えなしに店を決めようものなら、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。

ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。

消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。

金の購入時には、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、ここからがポイント。

金を買取に出す際には、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。

ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できるのです。

今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。

また、消費税の安い日本で買った金を消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。

一般に流通している金製品には、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%と解釈してください。

金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で販売や買取における価格が大きく変わるのです。

金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。

中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、本物の金でないことはすぐにわかります。