金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

身につけなくなって久しい金製

身につけなくなって久しい金製の指輪やネックレス、イヤリングなどをお持ちの方も多いと思います。

最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。

貴金属を買取してくれる店を探して、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、比べてみるのをおすすめします。

その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。

金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。

仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかは普段意識することがないでしょう。

一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。

理由としては、市場規模の小ささに加え、金と比べても圧倒的に少ない産出量が挙げられます。

ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。

プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。

金買取の業者って電話でも営業してるんですね。

この前そういう電話がかかってきました。

他の種類の営業電話はよく受けますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、続きを聞いてみたくなりました。

いわく、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、ずっと身に付けていない品があったら高値で買取してくれるというのです。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

金買取のシステムは店によって千差万別です。

買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。

手数料を設けている店に買取を依頼すると、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、現実に買取額として受け取れる金額は結局、低額になってしまいます。

なんだか、業者にしてやられたような気分になります。

後から損した気分にならないためにも、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。