金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

もう何年も使っていないプラチナや金製の指輪など

もう何年も使っていないプラチナや金製の指輪などの装飾品は案外多いのではないでしょうか。

タダで手放すのは惜しいという場合には、買取ショップへの持込みを検討してもいいと思います。

「高価買取」などの看板を掲げたお店も街頭、ネット問わず多いですから、実際にその品物が何円くらいになるのかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。

昔は使っていたけど今は不要だという金やプラチナの装飾品があったら、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。

しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、条件の良いお店を選択するといいでしょう。

一点だけならともかく、いくつも売る場合は、そのぶん買取額の差も大きなものになります。

ですので、それだけお店の選択が重要になるのです。

バブルの崩壊以降、現在にかけて、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、市場の拡大に合わせて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。

中には全国に展開しているようなところもあります。

沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。

店員の接客の質までも上がる可能性があります。

われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。

そこのお店で売却すればいい値段になるなどと言うからお店に行ってみたら、あれやこれやと理由をつけて結局定額で無理やり売却させられてしまったなどのケースはよく耳にするところです。

誠実なお店ならよいのですが、一部では客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。

こうした被害に遭ってしまった時には警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。

業者の人間が突然自宅を訪れ、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。

業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、憤りを抑えられない方も当然多いです。

悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。