金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

多くの資産がある方は、なるべく形を

多くの資産がある方は、なるべく形をバラけさせておきたいものです。

定番といえば、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。

ここで注意しなければならないのは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。

金の購入をご検討されている方は、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。

信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも本物だという信頼があるので大丈夫です。

貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。

買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合でも、やはり本人確認は必要です。

買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。

郵送した商品を査定してもらう場合は、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることを求められる場合が多いですね。

リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、昔より利用を検討しやすくなりました。

金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。

また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。

また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした買取業者は、詐欺や強引な買取のケースが多く、お勧め出来ません。

業者の人間が突然自宅を訪れ、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。

業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、憤りを抑えられない方も当然多いです。

しかし、安心してください。

訪問購入については平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せるのを覚えておき、いざという時に備えてください。

ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かはあまり知られていないのではないでしょうか。

一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。

百年ほど前は今よりもっと顕著でした。

それには、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさが多分に影響しているのです。

人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。

これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、あまりの希少性の高さが、その価値を形作っているというわけですね。