金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

お手持ちの金製品を買取に出す際、気に留め

お手持ちの金製品を買取に出す際、気に留めておくべきことは、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。

できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、いつ買取に出すかを決めましょう。

買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められることがほとんどです。

相場変動を逆手にとって、高値で売れるようになれば一人前です。

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、何年も使っていない貴金属製品をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。

貴金属を持て余している方は、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。

金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

買取となればそれより若干安くはなるものの、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額で換金することができますね。

金の買取は、古物の取引になるので、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。

お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式にも同じように本人確認が求められます。

公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを提示する必要があります。

郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送で必要な手続きに変えるというのが普通です。

金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。

金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかをよく調べてから利用しましょう。

レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は利用しないほうがいいでしょう。

買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。

それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

業者が家を訪れ、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが増えているようで、法規制も行われています。

買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、売却を渋る場合には、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。

後から売却をキャンセルされまいと、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。