金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセ

プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったというエピソードはよく聞きます。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。

合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればホワイトゴールドです。

ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。

最近は金買取が流行っているようですね。

私も少し前、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。

今までに経験がなかったですから、どこに売ったものか迷い、ネットの情報に頼ることになりました。

そしたら、東京都台東区御徒町という地域に、昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。

じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、思った以上の値段が付いたので満足しています。

金製の指輪やネックレスなどは、十年以上前に買ったものでも、今では飽きてしまったなどの理由でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。

そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。

とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。

自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。

そのようなケースでは、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。

貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。

普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。

数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、強固なセキュリティが必要になるので、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。

しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、最初から現金にして銀行に預けておくのが得策なのかもしれないですね。

よほど大量の取引をしていない限り、金買取に伴う税金は、控除枠などを適用して実際にはゼロになります。

お店のほうでは、売買で動くお金も莫大ですから、利益分を届け出て納税しています。

それに対して、個人の取引額は微々たるものです。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、お店の人に確認してみることで不安を払拭しておきましょう。