金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて

頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、強引に金製品の売却を迫る訪問購入というケースがあり、問題視されています。

お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。

しかし、安心してください。

訪問購入については平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができるのを覚えておき、いざという時に備えてください。

金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。

お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。

中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、金の表面を少し削り取ることで、容易に真贋を判別できるのです。

金の買取は、古物の取引になるので、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。

買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、郵送買取など、直接店に行かないケースも必ず身分証の提示が必要です。

最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。

対面でない場合、商品を発送する際に荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることを求められる場合が多いですね。

昔もらったけど今ではもう使っていないような金製の指輪やネックレス、イヤリングなどというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。

そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。

金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、どこが一番高値を付けてくれるか色々と見て比べてみるといいでしょう。

また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。

初めてで不安も多い金買取。

安心して利用する上で大事なのはまず、どのお店に買取をお願いするかということです。

店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、また、何より大事なこととして、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。

ネット上で信頼できるソースは口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。

レビューで高得点を得ている業者を選択するようにしましょう。