金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

貴金属買取を扱うお店では、多種多様な品物が

貴金属買取を扱うお店では、多種多様な品物が買取の対象になっています。

金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、何百万円もする高級品を最初に思い浮かべるケースが多いようですが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。

意外なところではメガネなどです。

形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡などだって値段をつけてもらえるのです。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

金の純度は伝統的に24分率で表現され、純金でなく他の金属との合金の場合は、「18K」などになります。

勿論これは純金より安いのです。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどのバリエーションがあります。

金を売りたいなら、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。

貴金属の買取を扱う店舗では、未成年への利用規制を設定しているのが普通です。

なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないというのが原則です。

とはいえ、例外的に、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。

しかし、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。

加えて、たとえ18歳からOKの店でも、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。

もう何年も使っていない指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属は案外多いのではないでしょうか。

タダで手放すのは惜しいという場合には、専門のお店で売却することを考えてみてはどうでしょう。

金・プラチナの高額買取をウリにした店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、実際にその品物が何円くらいになるのか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。

金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。

あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。

アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、強固なセキュリティが必要になるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。

しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、思い切って専門店に売却して現金化するのも選択肢の一つです。