金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の買取は、古物の取引になるので、多くの店では買

金の買取は、古物の取引になるので、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。

買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式でも、やはり本人確認は必要です。

買取手続を進める前に、免許証や保険証などで身分確認を行うことが法律で義務付けられています。

商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることで確認に変えるのが一般的です。

家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、一般的に利用されているのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。

ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が私の周りにも多くいます。

そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。

デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。

デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。

昔買ったきりでずっとご無沙汰という指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属は案外多いのではないでしょうか。

ただ捨てるだけではしのびないという方は、買取サービスを利用して現金化するのをオススメします。

「高価買取」などの看板を掲げたお店もあちらこちらにありますので、実際にその品物が何円くらいになるのか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。

最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限を定めているとところが大半でしょう。

したがって、中高生など未成年は買取してもらえないことになります。

ただ、一部では、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、その場合でも保護者の同意書は必要です。

さらに、保護者が同意していたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。

金製の指輪やネックレスなどは、自宅のタンスの奥などに仕舞い込んではあっても、ずっと使い続けるのが嫌で長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。

そうしたアイテムをお持ちの方は、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。

でも、ここで落とし穴があります。

メッキ加工の偽物の場合もあります。

そういう事態に直面してしまったら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。