金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取がメジャーになった現在では、実に多くのお店が買取

金買取がメジャーになった現在では、実に多くのお店が買取サービスを行っているようです。

評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。

一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始めるケースが増えてきています。

専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。

自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。

万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。

買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合も何らかの形で身分確認をしなければなりません。

最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。

直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、免許証などをコピーして同封することによって店はお客さんの身分確認を行います。

リーマンショックギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。

今は1グラム5000円ほどです。

それは24金、すなわち純金の話です。

アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

それなりの額、例えば200万円になるような18金の重さというのは、550から600グラムくらいでしょう。

ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

買取業者が自宅までやって来て、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。

買取価格が通常に比べて異様に低かったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。

このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては平成24年特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せるのを頭に入れておくことをお勧めします。

18歳に達していない青少年は、古物営業法という法律の定めるところにより、単独で買取サービスを利用することができません。

未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、成人しない内は、単独では利用できないのが一般的でしょう。

また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、法定代理人である親が書いた同意書を求められるのが普通です。