金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取は誰でも手軽に利用できて便利

金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部においては残念ながら詐欺のケースも存在します。

訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。

主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。

訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。

詐欺や強迫のペースに嵌ってからでは遅いので、怪しい人間が訪ねてきたら、きっぱりと拒絶してください。

先日、祖母が鬼籍に入り、形見の指輪などを相続で受け取ったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。

金買取のお店で買取してくれるとのことで、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。

査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、終始良い雰囲気でした。

買取額も十分納得できるもので、利用してみて正解だったと今では思います。

リーマンショックギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。

今は1グラム5000円ほどです。

その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、例えば75パーセントが金である18金の場合、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上となると、その重さは550から600グラムくらいでしょう。

ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。

最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは本当に多くの種類のアイテムの買取を受け付けてくれます。

金というといかにも富豪の趣味という気がして、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などが一般的にイメージされるのかもしれませんが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。

メガネや金歯などもその一例です。

どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯も買取ショップでは売却することができます。

ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。

また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくといった工夫もできるといいでしょう。

一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。

貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、十分気を付けてください。