金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

もう要らなくなった指輪などの金製品を

もう要らなくなった指輪などの金製品を持っている人は、買取に出すのも手です。

しかし、どこの店舗に持っていくかによって買取金額は大きく違ってくるので、複数のお店の情報を比較検討して慎重に店を選びましょう。

特に、売りたいものが多い場合、買取総額はかなり変わってきますから、事前の情報収集は欠かせません。

最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。

メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる店舗も見られます。

しかし、郵送で買取を行う場合、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。

買取で少しでも得をしようと思えば、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。

鑑定料や、買取時にかかる手数料を取らない店も中にはあるため、色々な情報をもとに売却先を検討してください。

昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを有償で設定している店もあります。

その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。

これらの費用を設定している店で買取してもらうと、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、買取の対価として実際に手元に入る金額は随分減らされてしまうのです。

こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。

特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、容易に真贋を判別できるのです。

初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。

最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかをよく調べてから利用しましょう。

ネットのレビューで評価が低い店などは利用しないほうがいいでしょう。

買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。

それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。