金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昔もらったけど今ではもう使っていな

昔もらったけど今ではもう使っていないような金やプラチナのアイテムをお持ちの方も多いと思います。

そんなときは買取ショップで換金しましょう。

買取ショップは非常に多くなっているので、公開されている参考買取額をもとに、どこが一番高値を付けてくれるか色々と見て比べてみるといいでしょう。

買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報は隅々まで目を通しましょう。

もう使っていない金製品などを買取に出す際は、留意すべき点があるのです。

金の価値は相場でも変わる上、どの店舗を利用するかで、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金はそれぞれ異なっていることです。

ですから、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、何処に売るのが一番得になるかじっくり検討してください。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドです。

ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。

家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、普通に思い至る売却先といえば、買取ショップや質屋さんなどでしょう。

とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人が私の周りにも多くいます。

そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。

よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。

一般の買取ショップと比べると安心感があり、街の買取ショップより人気の場合もあります。

高価な貴金属には偽物も付き物であり、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。

中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。

中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、容易に真贋を判別できるのです。