金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

ここ十年くらい、いわゆる「金プラ買取」系の

ここ十年くらい、いわゆる「金プラ買取」系の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。

街頭だけではなく、ネットにおいても、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、買取ショップの広告がごまんと出てきます。

どうせ不要の品物を売るのなら、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。

金買取の業者って電話でも営業してるんですね。

この前そういう電話がかかってきました。

保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、そういう電話は初めてだったので、続きを聞いてみたくなりました。

色々と聴いてみたら、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、処分を検討している品物があれば高額買取で引き取ってくれるということなのです。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。

金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。

メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる店舗も見られます。

しかし、郵送で買取を行う場合、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。

できる限り高額で手放すためには、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。

鑑定料や、買取時にかかる手数料が一切ない店も少なくないため、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。

相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。

刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。

それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。

すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。

比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。

年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金を専門店に売却しても税金はかかりません。

もちろん、買取業者の方では、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、利益分を届け出て納税しています。

その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。

そうは言っても、法律が変わることもあるので、どうにも不安な方は、事前に調べておくというのも一つの手だと思います。