金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたという何とも残念なケースがままあると聞きます。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。

先日、祖母が鬼籍に入り、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。

金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。

査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、素人の私にも優しい印象でした。

肝心の金額も予想以上のもので、思い切って利用してみてよかったです。

手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるという売り文句につられて行ってみたところ、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で買取に応じてしまった、などという苦い経験をした方もいるかもしれません。

信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、十分気を付けなければなりません。

自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、消費者センターで専門家に話を聞いてもらい、必要な対処をお願いしましょう。

タンスの奥に仕舞いっぱなしの金の指輪やネックレスなどがある人は多くいるようです。

知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、お店で買取を依頼するのを考えてみてはどうでしょう。

金・プラチナの高額買取をウリにした店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、いくらの値段が付くか一度見てもらうのもいいでしょう。

昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では実に多くのお店が金の買取をしていますから、ネットで情報収集することもお勧めです。

相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。

手数料などのシステムも店舗によりけりなので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。

尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るという買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。