金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

多くの金買取は法律に則って誠実に行わ

多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では悪質な詐欺の事例も存在しています。

中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。

主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。

訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、買取価格も異様に安かったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。

少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、はっきり断って追い帰すようにしてください。

金に限った話ではないですが、古物買取においては、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。

お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも同様です。

買取手続を進める前に、免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。

商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、身分証のコピーを同時に送ることで確認に変えるのが一般的です。

金とプラチナはどちらが値段が高いのかまで把握している人はあまり居ないように思います。

ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。

その理由には、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさが多分に影響しているのです。

人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。

金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価格を引き上げる要因となっているのです。

金を買取に出そうと考えたとき、一般的に利用されているのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。

ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、どうしても信用しきれないという人は、やはり少なくないようです。

そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。

催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。

専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、初めての方でも利用しやすいでしょう。

金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。

サイト上で大体の買取価格を載せている場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。

ネットを通じて買取をしてもらう時は、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。

少しでも高い金額で売却するためには、念入りに業者を探さなければなりません。

買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料を無料にしている店舗も増えてきましたので、色々な情報をもとに売却先を検討してください。