金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

現在の金相場は、1グラムいくらという

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

それなりの額、例えば200万円になるような18金は、重さで言えば600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

最近問題になっている事件についてお伝えします。

自宅に業者がやってきて、自宅にある金製品の売却を迫り、相場以下の値段で買取を行う、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースがここ数年で急増しています。

お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、なかなか首を縦に振らない人には、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。

後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者は見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。

金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、今では全然身に付けていないという金製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。

「でも実際使わないし。

」そんなあなたには、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。

一例として金の買取の場合を考えてみます。

最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額には十分なることと思います。

ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を選択するのが何よりの基本になります。

また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくのも怠ってはいけません。

一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。

貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、十分気を付けてください。

金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。

広告に出ている買取額以上に、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかを十分見極める必要があるでしょう。

レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は買取を依頼するべきではありません。

中には高価買取を謳う広告もありますが、そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、見積後、成約の前に必ず確かめてください。