金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

よほど大量の取引をしていない限り、金買取に伴う税

よほど大量の取引をしていない限り、金買取に伴う税金は、控除枠などを適用して実際にはゼロになります。

専門に金買取を扱う業者などだと、売買で動くお金も莫大ですから、事業所得として金額を申告し、結構高い税金を課せられているでしょう。

ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。

基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、お店の人に確認してみるというのも一つの手だと思います。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

純金でなく他の金属との合金の場合は、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

買取店に金製品を持ち込む際に、結果を左右するのは純度というわけです。

リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。

刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。

すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。

町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。

一口に投資といっても対象は色々あります。

昔からその代表といえば金です。

今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。

金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。

高級品として世界中で認知されているのも、金の値崩れが少ない理由なのです。

まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、売却を検討しているなら、ネットなどで金相場を把握しておくのが無難です。

買取価格には自信があります、という売り文句につられて行ってみたところ、納得できないような安い金額で無理やり売却させられてしまったなどの苦い経験をした方もいるかもしれません。

信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。

こういう悪質な店に当たってしまったときは、消費者センターで専門家に話を聞いてもらい、必要な対処をお願いしましょう。