金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金に限った話ではないですが、

金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。

精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。

対して、偽物を見抜く方法も色々あります。

磁石、刻印の入り方に加え、比重計があればそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。

仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、昔から使われている試金石検査という方法ならば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、容易に真贋を判別できるのです。

もう要らなくなった貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。

しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べて好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。

特に、売りたいものが多い場合、そのぶん買取額の差も大きなものになります。

ですので、店の選択には注意しましょう。

金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、悪質な訪問購入の事案がここ数年で急増しています。

買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、こちらが申し出に応じなければ、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。

こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。

世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、金の買取サービスを利用する人は増えており、これを新たな商機と見て、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。

買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。

接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。

利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。

金買取業者は大抵の場合、トラブルを避けるため、年齢制限を定めているとところが大半でしょう。

よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるのが一般的です。

僅かながら、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。

しかし、その場合でも保護者の同意書は必要です。

加えて、たとえ18歳からOKの店でも、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。