金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

ネットや宅配の利便化に伴い、今

ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。

その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。

買取金額の連絡が来たら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。

営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、メールやフォーム送信でいつでも申込できるため、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人のための形態と考えてもいいかもしれません。

ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。

今では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取をするケースが増えています。

評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。

生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳うお店が最近は多いようです。

専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。

不要になった貴金属の売却を考えているなら、買取価格などを調べてみてもいいと思います。

金買取を利用してみたいと思っても、生活圏内には買取店がないこともあります。

そんな方は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。

WEB上で簡単に申し込みできます。

まず、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。

その後、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。

しばらくして、買取価格がメールなどで知らされるので、金額に同意の返事をしたら、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。

貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。

あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。

数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、安心安全を求め、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。

それでも、どうしても不安なら、金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも良い方法だと思います。

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を確認してみましょう。

それが本当に金製であれば、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。

Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%という印です。

金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で販売や買取における価格が大きく変わるのです。