金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

業者の人間が突然自宅を訪れ、

業者の人間が突然自宅を訪れ、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。

業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。

こうした訪問購入のケースに対しては、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。

金の価値が上がっている昨今、色々な店舗で貴金属の買取サービスを取り扱うようになりました。

一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。

家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、金やプラチナの買取を大きく扱う店も一般的になってきたのです。

金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。

自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。

十年以上にわたって使用していない金の指輪やネックレスなどが沢山あるという方もいるでしょう。

そうした品物をお持ちの方は、専門のお店で売却することを考えてみてはどうでしょう。

貴金属の買取を受け付けているショップも街頭、ネット問わず多いですから、本当に高額で売却できるかどうか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。

貴金属の買取を扱う店舗では、トラブルを避けるため、年齢制限が原則としてあります。

なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないケースが大半だと思われます。

ごくまれに、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。

しかし、たとえ親の同意があっても、高校生ならやはり買取は不可能です。

手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるという売り文句につられて行ってみたところ、納得できないような安い金額で金を手放してしまったという苦い経験をした方もいるかもしれません。

金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。

こういう悪質な店に当たってしまったときは、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。