金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

不要な貴金属を買取店に持ち込む前に、以下の内容を

不要な貴金属を買取店に持ち込む前に、以下の内容を頭に入れておいてください。

金の価値は相場でも変わる上、どの店舗を利用するかで、最終的な買取価格はそれぞれ異なっていることです。

ですから、買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、損しない売却先はどこか、真剣に考えるのがいいですね。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、銀や銅など他の金属との合金であるものは、「18K」などになります。

勿論これは純金より安いのです。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトのバリエーションがあります。

金製品の価値を測る上で、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけどもう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。

心当たりのある方は、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。

金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。

24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。

その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、だとしても十分、思った以上の値段で売却できる可能性が高いです。

金の買取を業者に依頼するにあたって留意すべき点は、金の相場をちゃんと知っておくことです。

なるべく高価の買取になるように、毎日変動する相場を入念にチェックし、買取のタイミングを決めるべきです。

申し込む時の相場によって、買取価格が決まるというケースが多くなっています。

相場の確認を欠かさず、可能な限り高い値段で売りたいものですね。

全世界を混乱に陥れたリーマンショック

その時からここ数年で、少しずつとはいえ、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。

近頃はそれに加えて、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、預金の引き出しにストップが掛けられました。

こうした事態もまた、金の市場価格を引き上げる起爆剤であると言えるでしょう。