金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

年間50万円以上の利益が出ている

年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金買取に伴う税金は、控除枠などを適用して実際にはゼロになります。

買取店であれば、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、所得額の申告を行い、課税されているはずです。

それに対して、個人の取引額は微々たるものです。

そうは言っても、法律が変わることもあるので、どうにも不安な方は、事前に調べておくことで不安を払拭しておきましょう。

金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。

買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けている店舗も見られます。

ネットを通じて買取をしてもらう時は、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。

また、なるべく高値での買取を狙うなら、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。

店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用をゼロと謳っている店も最近は多いですので、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。

リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を看板に掲げています。

街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。

生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、金やプラチナの買取を大きく扱うケースが増えてきています。

専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。

金製品を売りたいという方は、専門店と並んで有力な候補になります。

最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が原則としてあります。

そのため、未成年の人は買取を利用できないことになります。

ごくまれに、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。

また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。

3%→5%→8%と上がってきた消費税。

金の購入時にも、もちろん消費税も課されるのですが、買った金を買取店に持って行って売ると、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。

なので、一度金を買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるのです。

今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。

また、消費税の安い日本で買った金をハンガリーノルウェースウェーデンなど消費税率の高い国で売却するなどの方法も考えられます。