金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の相場価格はネットでも簡単に見ることが

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

それは24金、すなわち純金の話です。

一例として、18金(純度75%)ならば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。

そのため、例えば200万円以上の額面を超えるような量というと大体570グラムといったところでしょうか。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。

普段意識しないことですが、我々の周囲には金でできていたり、一部に金が使われている製品があちらこちらに存在しています。

その代表的なものが金歯です。

こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。

とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。

数千円から一万円程度のお小遣いをゲットできるチャンスですし、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。

ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。

プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、プラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、勿論、金買取の対象になります。

原則として、18歳未満の子供は、古物営業法青少年健全育成条例に基づき、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。

さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、未成年者は、たとえ18歳以上でも、古物売買の利用はできないところがほとんどです。

18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、法定代理人である親が書いた同意書を求められるのが普通です。

数万円程度の買取額を得た程度なら、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。

金買取を行っている業者のほうは、日々多くの金製品を売り買いしていますので、事業所得として金額を申告し、納税しています。

その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、どうにも不安な方は、事前に調べておくといいかもしれません。