金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

リーマンショックやギリシャの

リーマンショックギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。

今は1グラム5000円ほどです。

それは24金、すなわち純金の話です。

純度によって額は下がります。

例えば18金なら、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。

それなりの額、例えば200万円になるような18金の重さというのは、600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。

10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。

金買取がブームですね。

古いネックレスの売却を望む方は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。

一般に流通している金製品には、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。

数値が大きいほど、純度の高い金です。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%という印です。

もちろん、この純度が何%であるかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。

買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、売りたい金製品はいくらの値段での買取が見込めるのかを正確に知りたいということですよね。

品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、金の国際価格はドルで表されています。

それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。

すると、日本国内の金価格が算出できます。

金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、お店の買取提示額が適切かどうか注意深く判断してください。

原則として、18歳未満の子供は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。

青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、お店にもそれぞれの決まりがあり、成人しない内は、古物売買の利用はできないところがほとんどです。

たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要な場合がほとんどでしょう。

これまで金の買取を利用したことがない場合、お店選びで初めての方はよく迷うようです。

少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは当然ですよね。

では、どんな基準で選べばいいのか。

ポイントは、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。

多くのお客さんから高く評価されているお店なら、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させていることを示しており、参考になります。