金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

若い頃やバブルの頃に調子に乗って買

若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、もう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。

貴金属を持て余している方は、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。

主な買取対象といえば金ですね。

純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取となればそれより若干安くはなるものの、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額の臨時収入が期待できます。

最近、金の価値が上がっています。

金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、金の純度を示す刻印を見てください。

金製品にはほぼ必ず、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。

K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。

純度が高いか低いかにより、その金製品の買取価格も違ってくるということになります。

業者の人間が突然自宅を訪れ、強引に金製品の売却を迫る訪問購入というケースがあり、問題視されています。

業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。

このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができるのを頭に入れておくことをお勧めします。

金の買取を業者に依頼するにあたって押さえておくポイントとしては、買取価格の相場を把握することに尽きます。

少しでも高値で手放すことができるよう、その日その日の相場を把握した上で、最適のタイミングで買取に出しましょう。

店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるのが原則です。

相場変動を逆手にとって、高値で売れるようになれば一人前です。

相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。

刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。

それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。

そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。

専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。