金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

贅沢品の代名詞である金。しかし、実

贅沢品の代名詞である金。

しかし、実は我々の日常生活の中にも、金でできていたり、一部に金が使われている製品があちらこちらに存在しています。

例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。

金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。

とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。

予想していなかった収入が入ってくることが見込めるので、作り直しなどでもう要らなくなった金歯があるなら、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドだという証です。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、勿論、金買取の対象になります。

最近、金の価格が上がっていると聞いたので、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。

持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、手数料も考慮すると割に合わないので、できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。

すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけどもう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーを何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。

「でも実際使わないし。

」そんなあなたには、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。

一例として金の買取の場合を考えてみます。

24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。

買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で換金することができますね。

最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えてきましたが、中でも買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうのが最も一般的な方法ではないかと思います。

お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、その場で現金を受け取れますから、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。

どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれる場合が多いため、金額をうやむやにされることもなく、しっかり納得して手続を進めることができるようになっています。