金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

貴金属を購入しても、盗まれるの

貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。

大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。

お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、安心安全を求め、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。

それでも、どうしても不安なら、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも良い方法だと思います。

便利な金買取ですが、一部ではタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。

中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。

金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。

最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。

話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、はっきり断って追い帰すようにしてください。

皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう。

まず最初に大切なのはどこの店に売るかを決めることです。

判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。

そして最も基本の部分としては、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。

それを測る上で使えるのは利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。

多くの人から好評を得ている店舗を選択するようにしましょう。

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。

もちろん、両者は別物です。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。

プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、勿論、金買取の対象になります。

貴金属買取を扱うお店では、アクセサリーをはじめとして色々なものを現金化することができるのです。

「金の買取」などと言うと、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品を連想する人が多いでしょうが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。

メガネや金歯などもその一例です。

金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯なども買取ショップでは売却することができます。