金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

ショップやネットなどの金買取の市場では、本当

ショップやネットなどの金買取の市場では、本当に多くの種類のアイテムに値段をつけてもらえます。

「金の買取」などと言うと、投資目的の地金にばかり考えが至りがちですが、高級品だけが金買取の対象ではありません。

意外なところではメガネなどです。

形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡などだって値段をつけてもらえるのです。

店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。

買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、被害を訴えるケースが最近増えています。

このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができると覚えておいてください。

悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。

18歳に達していない青少年は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。

加えて、未成年と取引するのは危険なので、お店にもそれぞれの決まりがあり、20歳未満は売却できないのが通例です。

未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、法定代理人である親が書いた同意書がなければ買取してもらえません。

日常の生活の範囲内にも、金製品というのがあちらこちらに存在しています。

例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。

こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。

とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。

数千円から一万円程度のお小遣いを得られる可能性もあるので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、買取店に持ち込んでみるのも一興です。

金の買取は、古物の取引になるので、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。

買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、ネットを通じて郵送で買取を進める場合でも同様です。

免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。

商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、免許証などをコピーして同封することで必要な手続きに変えるというのが普通です。