金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

ご自宅に眠っている金製品を、少しでも

ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を選択するのが何よりの基本になります。

金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うといった工夫もできるといいでしょう。

持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。

「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、上手い話に騙されないようにしましょう。

金の買取を利用する上で、気にすることは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。

買取額だけに注目するのではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性をよく検討した上で利用する必要があります。

レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は買取を依頼するべきではありません。

買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。

そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、利用する前に確認しておきたいところです。

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。

ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドだという証です。

なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。

金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかは知っていますか?プラチナの方が原則的には高価です。

その理由には、金と比べても圧倒的に少ない産出量の影響があります。

プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。

プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価格を引き上げる要因となっているのです。

金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会に買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。

とはいえ、初めてのことで、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、色々なホームページをネットで見て調べてみました。

そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。

店員さんの対応も丁寧だったし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。