金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスを買取ショ

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、刻印を見てみるのがいいと思います。

一般に流通している金製品には、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。

K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントという印です。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により販売や買取における価格が大きく変わるのです。

金の買取を利用する際には、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。

店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも同様です。

免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。

商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、身分証の写しと合わせての発送で法律の要件を満たすことになります。

初めてで不安も多い金買取。

安心して利用する上で大事なのはまず、無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。

高い値段を付けてくれるかも大事ですが、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、そして最も基本の部分としては、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。

信頼のおける情報といえば、利用者からの生の声です。

これは口コミやレビューの形で確認できます。

レビューで高得点を得ている業者を優先して利用するのがいいでしょう。

手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるという売り文句につられて行ってみたところ、納得できないような安い金額で最後は半ば強引に買い取られてしまった、などの苦い経験をした方もいるかもしれません。

多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中には犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、よく見極めたうえで利用しないといけません。

自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、消費者センターで専門家に話を聞いてもらい、必要な対処をお願いしましょう。

最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は古物営業法という法律の定めるところにより、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。

青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、成年に達するまでは古物売買の利用はできないところがほとんどです。

そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、親の同伴か、同意書の提示が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。