金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、

万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。

従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも、やはり本人確認は必要です。

買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。

直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、免許証などをコピーして同封することを求められる場合が多いですね。

今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。

純金でなければ当然それより安い額になります。

一例として、18金(純度75%)ならば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

ですから、現実の買取では、それだけで200万円となると、その重さは550から600グラムくらいでしょう。

ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。

10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。

ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。

刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。

御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。

町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。

昔もらったけど今ではもう使っていないようなアクセサリーや腕時計といった金製品を持て余している人は案外多いようです。

そこで役立つのが金買取ショップです。

ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、より高い値段で買取してくれるのはどの店か見比べて選びましょう。

買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報収集を怠らないことが肝要です。

不要な貴金属をどこかに売却したいというときには、考えておかねばならない点があるのです。

すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、利用する店舗や業者により、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金は大きく変わってくることです。

そのため、事前にホームページなどで情報収集し、お店選びをじっくり検討してください。