金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取では売る側にも責任が生じます。その

金買取では売る側にも責任が生じます。

そのため、18歳未満は、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。

加えて、未成年と取引するのは危険なので、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、少なくとも一人では買取を利用できません。

18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、法定代理人である親が書いた同意書がなければ買取してもらえません。

不況の影響か、金買取の相場が上がり続けているようなので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、確定申告が必要なケースが出てきます。

金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

銀行預金や投資信託などと併せて、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。

まず調べておきたいのは、金をどこで買うかということですね。

金の購入をご検討されている方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、信用できそうなお店から買うことが大切です。

信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも本物だという信頼があるので大丈夫です。

金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。

一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、どんなによくできた偽物でも、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、続きを聞いてみたくなりました。

いわく、貴金属製品でずっと身に付けていない品があったらその業者に売却できるという話でした。

そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。