金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

長いこと自宅に眠っている金製のネ

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、刻印を確認してみましょう。

それが本当に金製であれば、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金という印です。

純度が高いか低いかにより、販売や買取における価格が大きく変わるのです。

買取業者が自宅までやって来て、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。

買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。

ですが、対処法もあります。

金買取の訪問購入に対しては、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せるのを覚えておき、いざという時に備えてください。

最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際には買取価格が最も気になるところです。

金の買取価格は相場によって変動するものです。

金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。

そういうカラクリになっているので、少しでも高値で売りたいと思う方は、ネットで情報を見て、その日その日の金の値段を頭に入れておくことが大事になってきます。

もう使っていない金製品などを買取店に持ち込む前に、注意するポイントがあります。

金の価値は相場でも変わる上、どの店舗を利用するかで、実際に自分が受け取れる金額は全く異なるという点です。

WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、お店選びを真剣に考えるのがいいですね。

中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、責任を取れないので、法律の規定によりお店に行っても買取してもらえないのが原則です。

未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、成人しない内は、古物売買の利用はできないところがほとんどです。

未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。