金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金やプラチナなどの貴金属製品を専門店で買取してもら

金やプラチナなどの貴金属製品を専門店で買取してもらうにも、事前に考えておかねばならない点があるのです。

同量の金を買取に出す場合でも、店舗ごとの基準によって、買取額や手数料などの諸条件がそれぞれ異なっていることです。

ですから、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、どの店に売却するか熟慮して判断するべきでしょう。

貴金属の便利な換金手段である金買取。

その利用において大切なのは、相場というか、現実に何円くらいの価格での買取が見込めるのかという一点に尽きると思います。

金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。

金の国際価格はその都度変動しています。

その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。

金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか自分で見極められるようにしておきたいですね。

手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるという売り文句につられて行ってみたところ、あれやこれやと理由をつけて結局定額で買取に応じてしまった、などという話はネットを見ていても散見されます。

金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、よく見極めたうえで利用しないといけません。

こうした被害に遭ってしまった時には消費者センターで専門家に話を聞いてもらい、必要な対処をお願いしましょう。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。

金の純度が100%未満であれば、「18金(18K)」などの表現になります。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。

銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどのバリエーションがあります。

手持ちの金を買取してもらうときに、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったというエピソードはよく聞きます。

もちろん、両者は別物です。

古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。

ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。