金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取は、直接店に行かなくても、

金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。

メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる店もあります。

どこも様々な工夫を凝らしているのですね。

直接お店に行かない形式の買取でも、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。

出来る限り高い値を付けてもらうには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。

買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料をゼロと謳っている店も最近は多いですので、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。

ずっと前から使わなくなってしまった貴金属があれば、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。

でも、それぞれのお店で価格は変わるので、ネットで事前に情報を調べてなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。

一点だけならともかく、いくつも売る場合は、買取額にも大きな差が出てきますので、それだけお店の選択が重要になるのです。

金やプラチナ製のアクセサリーは、昔もらったものでも、今では飽きてしまったなどの理由でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。

家にそういうものがあれば、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。

しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。

メッキ加工の偽物の場合もあります。

そのようなケースでは、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、例えば75パーセントが金である18金の場合、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金の重さというのは、単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

一口に投資といっても対象は色々あります。

昔からその代表といえば金です。

今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。

金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。

全世界で普遍的な価値を有していることも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。

ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、念のため、買取を利用する前に、金の相場に大きな動きがないか確認した上で決断するのが得策でしょう。