金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

買取店にとって真贋鑑定は重要です。時として、

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。

素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。

最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、どんなによくできた偽物でも、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。

最近流行りの金買取ショップでは、多種多様な品物を売却することができます。

一般に、金買取という言葉からは、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などが一般的にイメージされるのかもしれませんが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。

金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。

メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯なども金製品として立派に買取の対象になります。

買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。

この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。

お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。

営業時間の制約がある店頭買取と違い、時間を気にせず利用できるので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方のための形態と考えてもいいかもしれません。

金の買取を利用する上で、気にすることは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。

買取額だけに注目するのではなく、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを入念に考えないといけません。

レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は利用しないほうがいいでしょう。

買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、利用する前に確認しておきたいところです。

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。

なので、一度金を買っておけば、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できると言えます。

どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。

また、消費税の安い日本で買った金を消費税率の高い国に持って行って売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。