金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、多くの方が思い浮かべるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。

ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、どうしても信用しきれないという人が私の周りにも多くいます。

そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。

よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。

一般の買取ショップと比べると安心感があり、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。

昔は使っていたけど今は不要だという貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。

でも、それぞれのお店で売却金額は変わりますから、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、慎重に店を選びましょう。

高価な品物であればあるほど、店の違いによって金額も大違いになりますから、事前の情報収集は欠かせません。

金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを当たるというのが基本ですね。

少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくという努力も欠かせません。

買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。

また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、上手い話に騙されないようにしましょう。

多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部ではタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。

中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。

いきなり家にやってきたかと思うと、強引に金の売却を迫ってくるものです。

訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。

話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。