金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

不要な金を買い取りますという電話を先日受けま

不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

そうすると、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、処分を検討している品物があればその業者に売却できるという話でした。

丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。

自分のことかなと思ったあなたには、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。

主な買取対象といえば金ですね。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額で換金することができますね。

よほど大量の取引をしていない限り、金買取に伴う税金は、控除枠などを適用して実際にはゼロになります。

専門に金買取を扱う業者などだと、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、しっかり利益を計上し、納税しています。

しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。

もっとも、税法が改正されることも有り得るので、お店の人に確認してみるのもいいでしょう。

最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。

利用時の注意点は、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。

買取額だけに注目するのではなく、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかをよく検討した上で利用する必要があります。

昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。

買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。

見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、純金でなければ当然それより安い額になります。

アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。

それなりの額、例えば200万円を超えるような量というと600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。