金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金のネックレスやブレスレットといっ

金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、何年も使っていない貴金属製品をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。

使わない貴金属の処分に困ったときは、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。

主な買取対象といえば金ですね。

最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額で売却できる可能性が高いです。

ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かを即答できる人は少ないかもしれません。

プラチナの方が原則的には高価です。

理由としては、市場規模の小ささに加え、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさが挙げられます。

ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。

プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、その価値を担保しているのです。

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、純金でなければ当然それより安い額になります。

これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、大体3500円ほどになります。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上となると、その重さは単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金を専門店に売却しても税金はかかりません。

もちろん、買取業者の方では、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、利益分を届け出て課税されているはずです。

それに対して、個人の取引額は微々たるものです。

ですから気にする必要はないのですが、法律の変更などもありますから、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくというのも一つの手だと思います。

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり留意すべき点は、金の相場をちゃんと知っておくことです。

買取価格で後悔しないためにも、毎日変動する相場を入念にチェックし、売却の時期を決定するのです。

金買取では、申込時の相場により買取額が変動するケースが普通です。

相場の変動を味方につけて、最も高い時期に手放しましょう。