金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

普通のサラリーマンが普通に手持ちの金

普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。

買取店であれば、日々多くの金製品を売り買いしていますので、その利益に応じて納税しています。

ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。

ですから気にする必要はないのですが、法律の変更などもありますから、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるといいかもしれません。

金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。

買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを取る店もあります。

金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。

手数料を設けている店に買取を依頼すると、当然、そのぶん最終的に受け取る現金の額が随分減らされてしまうのです。

こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。

特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、費用の有償・無償はチェックしておいてください。

金の売却において留意すべき点は、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。

少しでも高値で手放すことができるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最も得する時を狙って売却するのです。

実際の買取額は、申込時の相場で決定されることがほとんどです。

上手く相場の波に乗り、高値で売れるようになれば一人前です。

貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。

あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。

数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。

とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも解決法としてアリでしょうね。

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、これはあくまで純金の価格ですから、純度によって額は下がります。

例えば18金なら、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

それなりの額、例えば200万円になるような18金は、重さで言えば600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。

10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。