金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近はブランド物を持っている子供も多い

最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は法律や都道府県の条例の定めに従い、単独で買取サービスを利用することができません。

さらに、法律の趣旨を拡張する形で、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、18歳を過ぎていても未成年であれば少なくとも一人では買取を利用できません。

そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示がなければ買取してもらえません。

よほど大量の取引をしていない限り、金を専門店に売却しても税金はかかりません。

もちろん、買取業者の方では、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、事業所得として金額を申告し、多額の税金を納めていることと思います。

その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、お店の人に確認してみるのが得策ですね。

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

業者が家を訪れ、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、いわゆる「訪問購入」による被害が多くなっていると聞きます。

最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、断ろうとすると、強引に買取を強行してくることもあるのです。

後から売却をキャンセルされまいと、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。

金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで生活圏内には買取店がないこともあります。

そんな方は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。

WEB上で簡単に申し込みできます。

まず、お店から品物用のパックが届きます。

そうしたら、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。

その到着後、メールで査定額を教えてもらえるので、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、すぐに振込があります。

忙しくて店に行けない方にも便利です。

もう何年も使っていない指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属が沢山あるという方もいるでしょう。

もう使わないことが分かりきっているなら、買取店に持ち込んで買取してもらうことがいいのではないでしょうか。

金・プラチナの高額買取をウリにした店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、手持ちの金製品がいくらになるか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。